医者の不養生?

全国の医師が新型感染、現場で医師不足に
 チュリン保健相は、現在外科医を中心とした医療機関関係者が新型インフルエンザに感染し、各地の医療機関で手術やX線検査などが行えず、問題となっていると発言した。現在約30人の医師が新型インフルエンザに感染しており、感染拡大を防ぐため、医師に完治するまで自宅待機を命じ、今後オペ室などの消毒作業を行う方針とのこと。

 また、今月11日に開始した新型インフルエンザワクチン接種について、当初一日1万人の接種者を想定していたが、現時点で接種者は1万5056人に留まっていると明かした。
タイ週報

医療関係者に優先的にワクチンが摂取されたのでは?

メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト