海はきれいなんですが・・・。

サメット島、ゴミ問題で知事が視察

 タイ東部ラヨン県沖のサメット島では、観光客の増加にともないゴミ問題が深刻化。わずか4ライ(1ライ=1600平方メートル)の埋立地には毎日何トンものゴミが運び込まれ、溢れ出たゴミが悪臭を放っている。

 週末に現地を視察したラヨン県知事は、「悪臭もひどいが、地下水への影響も無視できない」との懸念を示した。

 サメット島は国立公園に指定されていることから、視察には国立公園動植物保護局の幹部も同行。「ヘリコプターからでも、埋立地のひどさがわかった」との感想を述べた。

 ゴミ対策としては、埋立地を島の外に移動する案や、観光客数を制限する案などが浮上。当局では、「いずれにしても1年以内の実施を目指す」としている。

 ラヨン県知事は、規制を無視した建物の多さについても「自然美が自慢のサメット島を汚している」と指摘。今後新しく建設される建物に関しては「まずは環境への配慮を優先に」と呼びかけている。
タイ週報

タイ人のあまり遠くない観光地としても利用されています。







メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト