ハトって帰ってこないの?

王宮前広場で4月からハト捕獲計画

 バンコク都庁によれば、バンコクの中心部に位置する王宮前広場(サナムルアン)の景観改善計画が2月1日にスタートする予定だが、この計画では、4月までにすべてのハトを捕獲し、中部ラチャブリ県に移すことが予定されている。

 広場に住み着いているハトは約1万羽に及ぶという。

 計画では、広場は今年11月30日まで閉鎖され、景観改善のための工事が軍事開発室によって行われることになっている。

 また、都庁によれば、広場の閉鎖で影響を受ける露天商や路上生活者いわゆるホームレスのため、仮設住宅や商売の場所を用意することが予定されているとのことだ。
タイ週報

日本ではカラスですが、タイではハトなんですね。

メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト