夫婦間トラブル、今年も多発です。

◆浮気相手とこっそり結婚 、本妻が式場に乗り込む
 1月11日午前8時ごろ、中部アユタヤ県バンバン郡の民家で行われた結婚式に、新郎の「本妻」が子どもを連れて乗り込むという「事件」が起きた。

 工場に勤務するデーチャーさん(33)と新婦カイさん(仮名、33)との結婚式がこれから行われようとしていた時、デーチャーさんの本妻であるスパトラさんが、2人の子どもを連れ、会場にやってきた。

 スパトラさんによれば、デーチャーさんとは8年前に入籍。その後、7歳の女の子と、1歳の男の子をもうけている。デーチャーさんがしばしば外泊していたことから、浮気をしていることは知っていたが、「まさか結婚式まで挙げるとは思ってもみなかった」という。

 スパトラさんが結婚式のことを知ったのは、挙式の前日。この日は「子どもの日」だったため、「いくらなんでもこの日ばかりは帰ってくるだろう」と 待っていたが、まったく連絡なし。さらに、友人から「あなたのだんなさん、明日、結婚式を挙げるらしいわよ」との電話が入った。

 そこで、スパトラさんは警察署で相談するとともに、子ども2人を連れて、結婚式場を訪ねることにした。

 一方、新婦の父親によれば、デーチャーさんに結婚歴があることは知っていたが、すでに正式に離婚していると聞かされており、デーチャーさんの両親 も、正式に挨拶に来たため、その言葉を信用したという。また、デーチャーさんとカイさんとは3カ月前から同居していたとのことだ。

 しかし、今回の騒動で、新婦の両親は、「スパトラさんとのことをきちんとするまでは結婚は絶対に認めない」と明言。また、7万バーツ相当の新郎からの結納金については、「恥をかかされたので返さない」と話している。

 なお、スパトラさんは日系企業の工場で働いているが、「私だけの収入では子どもを養っていけない」として、離婚に応じる考えはないとのことだ。

 ところで、デーチャーさんであるが、「本妻」と子どもが押しかけてきたことを知ると、式に招待した友人らとともに式場から逃げ出したという。
タイ週報

バレないと思ったのか!?突飛すぎてよくわからん!

メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト