服装には結構うるさいです。

モヒカン刈りで卒業式、女性タレントに批判集中

 若者の間で人気の女性タレント、ジップさんが、髪をモヒカン刈りにして大学の卒業式に出席したことで批判を呼んでいる。

 シーナカリン・ウィロート大学の卒業式に、ジップさんは、髪を明るく染め、モヒカン刈りに見える髪型で参列。卒業証書を受け取る時には、モデルのような歩き方をして登壇したという。このため、インターネット上では、ジップさんを非難する声が多数上がっている。

 このため、12月16日、ジップさんはインタビューに答え、次のように語った。

 「私はもともと長くておさまりの悪い髪に悩んでいました。大学卒業まではとても苦労したので、卒業式は私にとって、とても大切な日でした。親戚も喜んでくれたし、シリントーン王女から卒業証書をいただくので、当日はその場にふさわしい格好をしよ うと思っていました。

 それで、髪をきちんと巻いてまとめ、サイドはジェルを使ってばさばさにならないようにしました。髪の色は、地毛があまり黒くないため、日に当たって赤っぽく見えたのだと思います。式場ではほとんど目立たなかったはずです。髪型はモヒカンにしたつもりはなく、ただきちんとしたかったのです。

 当日は、だれも私の格好をとがめる人はいませんでした。とがめられていたら、あるいは卒業式に出席しなかったかもしれません」

 一方、モデルのような歩き方をしたとの批判については、

 「卒業式は遊びの場ではないし、何をすべきでないかもわかっています。絶対にそんなことはしていません。ただ、当日、私は一番先に名前を呼ばれたので、歩くタイミングがずれて、笑いが起こりましたが、ふざけていたわけではありません。ネットでは私を嫌っている人が作り話を書いているのではないでしょうか」と語った。

 一方、シーナカリン・ウィロート大学によれば、「当大学では、髪の色などはある程度許容しているが、学生にふさわしくない髪型はしないよう注意している」とのこと。なお、今回の報道を受け、大学では事実を調査するとともに、ジップさんが所属していた芸術学部に対し、より厳しく指導していくとしている。
タイ週報

TPOってことですね・・・。

メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト