結構肉弾戦というイメージがありますが。

ムエタイの歴史は、古式ムエタイとして知られている祭りや村の行事の際のシャム王への娯楽形態に由来しています。国王ラマ5世は個人的に武術への関心があり、また王族にムエタイの教えを奨励しました。彼の後継者はルールの変更を命じ、以前のボクサーは素手でしたが、これ以降、ボクサーは拳の周りを縛った布を使用するようにと変更されました。 

最近では、ボクサーは丸々としたボクシンググローブを着用していますが、技術は今まで通り残っています。それは、体の2箇所だけを使うというよりはむしろ8箇所を用いる技術です。使うことが許されていない体の一部分は、唯一頭部のみ。ほかの足、手、ひじ、ひざは、対戦相手の力に対抗するのに用いることができます。その他のムエタイ独特の特徴として、ボクサーそれぞれの個人的で変化に富んだリング儀礼があります。
バンコクピクチャー

8箇所!すごい。

メインメニュー

タイカルチャー一覧

携帯サイト